陵南せいこついんのブログ | 八王子市でヘルニアによる腰痛・ぎっくり腰でお悩みなら陵南整骨院へ

陵南整骨院
陵南整骨院
ブログ
2016年02月23日 [痛み]

痛みの経緯を遡る(いたみのけいいをさかのぼる)

こんにちは。


陵南せいこつ・せいたい院の加藤です。

今日もブログへの訪問ありがとうございます。



当院の整体治療を受けられる患者さまは比較的、お悩みが根深かったり、症状の長い方が多いです。
そこで、よくあることを今日はご説明させていただきます。




症状が改善すると他に移る?




例えば、最初、お尻から太ももにかけてのシビレと痛みで来院されている方で、治療を進めていく中で、歩行や座っている姿勢時の症状もだいぶ改善してきました。


すると・・・
そのうち、こ関節に痛みが出はじめました。


さらに治療をすすめて、こ関節の症状が取れてくると・・・


今度は、肩〜背中にかけて痛みが出始めました。



よくよくお話を聞いてみると、お尻から太ももにかけてのシビレと痛みが出る半年ほど前には、こ関節に痛みがあり、さらにその前は、デスクワークで姿勢が悪く、肩から背中にかけてのコリがひどかったそうです。


実はこういう風に治っていく方って結構多いんです。




これは痛みの経過を遡っています




痛みは、現状においての、最も症状の強い体の部位に対しての情報を脳でキャッチし、神経伝達により出ます。(詳しくは、直接お聞きください)




ということは、当初のお尻から太ももにかけての痛みやシビレがあった時は、こ関節や肩〜背中の痛みも体の奥に隠れていたわけです。




よくお聞きすることで、生活習慣が何も変わらないで、改善の為の治療もなく、『症状がいつの間にか消えた』というのは・・・
実は体の奥に隠れていただけなんです。



「ほっといたら治った」「昔は辛かったけど今は大丈夫」という方や原因がわからないけど痛みが出た!という方は注意して下さいね。

そのような理由から、当院は予防治療や予防アドバイスを重要視しております。





いつもありがとうございます。





【八王子のぎっくり腰・腰痛ヘルニアでお悩みなら】

陵南せいこついん
042-663-6760(予約優先)

http://www.ekiten.jp/shop_3066299/

http://www.ryonan-seikotsuin.com/

http://sp-karada.jp/kanto/hachiouji/ryonan/

FB https://ja-jp.facebook.com/ryonan20110111

http://blog.livedoor.jp/rbsr20110111/
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop